ダイバーシティ・インクルージョン時代の人材養成と国家再生

特別支援教育、職業リハビリテーション分野でのイノベーション

田中   敦士 教授
Tanaka   Atsushi
修士 (教育学)
人文学部 人間科学科

厚生労働省障害者雇用対策課の行政研究を5年間、沖縄での特別支援教育教員・職リハ人材の養成を17年間やってきました。真に意見を言い合える日韓関係を目指して、アジアヒューマンサービス学会を日韓共同で創設し、理事や3種類の学術誌(AJHS、TRR、JIE)の編集委員長を務めました。特別支援教育、職業リハビリテーションというわが国ではマイナーな2つの学問分野において、今度は北海道からアジアに発信していきます。

キーワード
  • ダイバーシティ教育
  • 特別支援教育
  • 職業リハビリテーション
  • 障害者雇用
  • ヒューマンサービス
  • ジョブコーチ

シーズ(研究)紹介

わが国の特別支援教育は、国際的にみると残念ながら後進国です。アジアの中でも韓国や台湾などから学ぶことがたくさんあります。少子化社会においては、これまで社会から排除されてきた「包括的な教育や支援を必要とする多様な人びと」の力が必ず必要になります。彼らの多様性を認められる成熟した社会になり、彼らの大学進学の道が開ければ、新たな労働力が確保されるだけでなく、一部は特異的な能力を開花させ、IT社会においても国家に多大な貢献をしてくれることでしょう。

実績と今後の活動予定

1997~2002年 日本障害者雇用促進協会 研究員
2003~2018年 沖縄県教育委員会 教育職員免許法認定講習講師
2003~2018年 沖縄県立特別支援学校 評議員(毎年1-3校)
2003~現在  国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 客員研究員
2011~現在  Asian Society of Human Services Director
2014~現在  日本発達障害学会 評議員
2015~現在  日本特殊教育学会 「特殊教育学研究」編集委員
2019~現在  なよろ地方職親会 ジョブコーチ養成研修講師

地域や産業界、自治体に向けて

令和元年度に着任したばかりですが、北海道の地でこれまでの経験とノウハウを生かして貢献できるよう、開拓者精神で頑張ります。知的発達障がいなど多様な人々が大学で生き生きと学び、社会に貢献できる人材養成を目指します。特別支援教育、職業リハビリテーション分野での産学官連携につながる実践を目指していきたいと思います。